e-learning system for Braille

はじめに

点字は、視覚に障害をもっている人々の教育や文化の発展を担っています。しかし糖尿病や緑内障等により、人生の途中で視覚障害を発症された中途視覚障害者の方々では、点字識字率は低い現状があります。
これらの疾患の場合、視覚障害は徐々に進行し、完全に失明してしまった場合には、文字による情報収集が不可能になるという問題があります。
また、比較的軽度な視覚障害者の点字識字率も低い傾向にあります。

アンビエントインテリジェンスを実現した社会におけるバリアフリーには、情報格差を是正し、障害の有無を超えてていくことが求められます。

そこで、比較的軽度な視覚障害者の点字識字率の向上を目標に、簡便に点字を自己学習可能なe-learningを開発しています。
今回、試行錯誤の結果、視力を活用して点字学習が可能なものを公開します。皆さまからのフィードバックを基に、更に改良を加えていきたいと思います。
このe-learning(点字自己学習システム)の研究開発は、

科学研究費補助金萌芽研究(課題番号19659563)
「自動点訳プログラムを利用した視覚障害者向け点字文書提供システム構築の試み」

平成20年度科学研究費補助金奨励研究(課題番号20910033)
「残存視力を活用した点字自己学習支援サイト"点字e-learning"の開発」

の補助を受け、実施しています。

今後は、触覚と音声を組み合わせて、このe-learningを充実させていく計画です。本システムを利用してお気づきの点があれば、ご一報下さい。


点字とは

  1. 横書きで書かれ、左から右へと凸面を触読します。
  2. 点字単位の1マスは 、縦3点が横2列並んだ6点です。
  3. 凸点の位置で文字が表されます。
  4. 6点の組合せは64種類です。
  5. 外来語や記号なども表示可能です。